グランドスタッフの職業図鑑

グランドスタッフになるために有効な資格とキャリアアップに生かせる資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
グランドスタッフになるために有効な資格とキャリアアップに生かせる資格

グランドスタッフになるために有効と思われる資格にはどのようなものがあるでしょうか?

グランドスタッフになるにはなくてはならない資格はありません。しかし、履歴書などで自分はどんなことができるのかをアピールするために資格は大変役に立ちます。

グランドスタッフを目指す際に望まれる資格として、主にマナー系と語学系が挙げられます。語学もマナーも働きながら徐々に覚えていくことができますが、競争率の高い難関を突破するためにも就職面接までにできるだけ身につけておきたいものです。

グランドスタッフになる前:マナー系の資格

実際に空港で働いているグランドスタッフを見てみましょう。お客様に対してあからさまにぶっきらぼうな対応をしているスタッフはいるでしょうか?みなさんマナーを守りながらテキパキと業務をこなしているはずです。

もちろんいきなり同じレベルの立ち振る舞いを求められることはありませんが、グランドスタッフとして採用されるためには最低限のマナーや立ち振る舞いは必要です。

マナーについて学んだことを示すにはマナー系の資格を取るのが有効です。マナー系の資格には、接客サービスマナー検定、秘書技能検定、ビジネス実務マナー検定などがあります。中でも接客サービスマナーは、グランドスタッフになってから実務で活かされる機会が多いので、のちに役に立つ資格と言えるでしょう。

本当のマナーを身につけるためには資格だけにとらわれてはいけません。お客様はグランドスタッフの言動だけでなく指の先まで見ています。グランドスタッフとしての立ち振る舞いをするためには日頃から意識して生活すべきです。資格を取ることだけにこだわらず、マナー講座を受けるのもいいかもしれません。

グランドスタッフになる前:語学力

語学力は高いに越したことはありません。なんらかのトラブルが起きても十分対応でき、さらには交渉をもできる語学力があればかなり有利になります。

世界共通語である英語はもちろんのこと、さらにもう一言語できると強みになります。

ちなみに日本を訪れる外国人観光客の統計(2015年)によりますと、英語と中国語、そして韓国語の3ヶ国語で外国人観光客の言語のほとんどをカバーできるようです。

グランドスタッフの仕事において英語は外せないので、まずは業務に支障がないレベルの英語力を身につけるべきです。語学力を証明するためにもTOEICや英検などを受けておくといいでしょう。英語だけでなく各言語も検定試験があります。言語は必要以上に謙遜していると伸びません。自信を持ってどんどん学んで行きましょう

グランドスタッフになる前:その他の資格やスキル

その他に必要なのはパソコンスキルです。ワードやエクセルを使いこなすというよりは、ブラインドタッチができてパソコン自体を使いこなせるという意味でのスキルです。ブラインドタッチができないと素早くかつスムーズに業務をこなしていくことができません。また航空会社の端末を使いこなすためにもパソコンは得意な方が良いでしょう。

とにかく、資格が採用の合否を決定するわけではありません。たとえ有利な資格であっても、資格をいくつも持つことが100%採用に結びつくほど有効であるとも言えません。全ては会社がその時どのような人材を求めているかによります。

なんらかの資格があるからと他を疎かにするのではなく、会社の望む条件に対して足切りに合わないよう満遍なく取り組むべきです。実際に、語学力もなく何の資格も持たないグランドスタッフもたくさんいます。

会社はグランドスタッフに相応しい人材かどうかを総合的にみて判断していますので、まずは会社が求めている人材像を正しく理解し、さらに自分をアピールするためのツールとして資格を取るべきでしょう。

グランドスタッフになってからキャリアアップを目指すためには?

グランドスタッフになってからキャリアアップのために得ることのできるものはたくさんあります。中でも大きいのはやはり語学でしょう。語学にゴールはありません。仕事を通じて英語は増えますが、もっと頑張ることでさらにキャリアアップに役立ちます。

英語はできて当たり前の世の中になってきていますので、英語力の向上に努める傍ら、英語以外の言語にチャレンジするのも良いでしょう。世界を身近に感じることのできる場所である空港で働いているからこそ、語学の勉強は意味あるものに感じるはずです。

グランドスタッフであることがキャリアアップにつながる

グランドスタッフとして真摯に働くこと自体がキャリアアップにつながることを忘れてはいけません。英語に触れ、多くの人と接し、予定通りに飛行機を運行させるために時間を守る。改めて考えると勤務中に実に多くのことを消化していることがわかります。

せっかく難関を突破してグランドスタッフになれたのにもかかわらず、仕事が思ったよりも大変だとすぐに辞めてしまうのはとても残念です。グランドスタッフとして身についた立ち振る舞いやマナーは他の仕事でも必ず活かされます。

キャリアアップのためにも初心を忘れず、グランドスタッフとして誇りを持って仕事に臨みましょう。

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る