グランドスタッフの職業図鑑

グランドスタッフ(空港地上職)のやりがいはどんなところにある??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
グランドスタッフ(空港地上職)のやりがいはどんなところにある??

どの仕事においても言えますが、働き始めてすぐに仕事に対する「やりがい」を見つけるのはそう簡単ではありません。グランドスタッフの仕事もそうです。自分が会社の役に立っていることを自覚し、そのことが仕事に対する自信につながるようになるまではたくさんの経験と時間が必要です。

ましてやグランドスタッフの仕事は常に慌ただしい状態であっという間に1日が過ぎてしまうので、仕事を始めて間もない頃はやりがいを感じる余裕すらない場合が多いかもしれません。自分の業務がどうであったのかを省みる暇もなく次のフライトの業務が始まってしまいます。

しかし仕事に慣れてくると、自分の業務は飛行機の運航のために役に立っていることがわかり、意味のある仕事をしていると改めて思えるようになります。グランドスタッフという仕事は、実に色んな「やりがい」を感じられる職業なのです。

グランドスタッフのやりがい1:飛行機の姿を見た時

何事もなくスムーズにお客様を機内にご案内し、飛行機が予定通りに出発した時は毎回達成感を感じます。悪天候や予想外の事態ではない限り飛行機が予定通りに出発するのは当たり前のことなのですが、なかなかスムーズにいかないことが多々あります。ですので、チームプレーである飛行機の運航に関わる業務からは、個人の業務とはまた違った達成感を得ることができます。

グランドスタッフになって間もない頃は、空港で働きたいという思いが叶って空港の景色に感動することでしょう。しかし風景はいつしか見慣れてしまい、その感動も忘れてしまいがちです。でも仕事が慣れてきた頃にその初日の感動を思い出せる余裕が出てきます。その景色の中で飛行機の運航に携わっているということを認識するたびに大きなやりがいを感じるのです。

グランドスタッフのやりがい2:後輩を教えている時

先輩に仕事を教わりながら業務に励む一方、慣れない仕事が思うようにいかなくて涙する日もあるかもしれません。日々の業務が難なくこなせるようになると次は仕事を任されるようになります。そして気がついたら自分が先輩になっています。

今度は先輩となった自分が後輩に仕事を教える立場になります。毎日覚えなくてはいけないことが多くていっぱいいっぱいだったのが信じられないくらい、多くのことを後輩に教えている自分に驚きます。先輩に頼っていた自分が今度は後輩たちに頼られます。そして後輩を育てることで一人前のグランドスタッフになります。後輩を育てるのも「やりがい」を感じることの一つです。

グランドスタッフのやりがい3:会社やお客様の役に立つ

どのグランドスタッフも会社やお客様の為に貢献しています。今日から仕事を始める新入社員も実際は役に立っています。お客様をカウンターに誘導することも、チェックインカウンターで搭乗手続きをすることも、到着便を迎えることも、バゲージのクレーム対応も、どの仕事も必要とされている業務です。

自分の仕事が役に立っていると認識できるまではある程度時間が必要ですが、自分が必要とされていると感じた時の喜びはかなり大きいものです。

グランドスタッフのやりがい4:お客様からの感謝の言葉

航空会社の制服に身を包んでお客様にサービスを提供しながら、優雅ながらもテキパキと仕事をこなす姿に憧れてグランドスタッフを目指す人がほとんどだと思います。そして人と接することが嫌いなのに、グランドスタッフになりたい人はいないはずです。

グランドスタッフのイメージとして、最初にデスク業務を思い浮かべる人はいないでしょう。チェックインカウンターにて搭乗手続きをする姿や、ゲートにてお客様をお見送りする姿を思い浮かべるはずです。グランドスタッフになりたいと思った時点で、「お客様にサービスを提供したい」というサービス精神はすでに備わっているのです。

もちろん最初から上手に接客ができるわけではありません。様々なお客様と接することで接客能力がつき、質の高いサービスの提供ができるようになるのです。

人を喜ばせたいというサービス精神を元々持ち合わせているからこそ、お客様のご気分を害するような事態であるクレームの対応がとても辛いのです。逆にお客様から感謝のお言葉をいただいた時の喜びは大変大きく、グランドスタッフの仕事をしていてよかったと思う瞬間でもあります。

グランドスタッフのやりがい:まとめ

仕事を始めて間もない時も小さなやりがいはたくさんあるはずです。ただ、忙しい毎日の中でその小さなやりがいはなかなか認識できません。やりがいどころか、空回りばかりしているのではないかと嘆くだけかもしれません。でもそれらを乗り越えた時にふっと肩の力が抜けて自分の業務が会社の役に立っていることがわかるようになります。

グランドスタッフはどのような時にやりがいを感じるか、これは例をあげればきりがありません。

エアラインスクールで学んだことが活かされた時もそうですし、頑張って習得した語学を使って何らかの問題解決に導いた時もそうです。お客様のちょっとしたご質問にお答えした時も、業務が無事に終わって同僚がホッとした笑顔を見せる時も、やりがいは感じます。たくさんのやりがいを感じられる仕事であるからこそ、人気のある職業の一つなのです。

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る